コーチング

『モチベーションを上げる方法を試したけれど、上がらない…』その原因と対処法。

モチベーションについての悩み。

人生において誰でも一度は経験があることかもしれません。

  • 最近、なぜかやる気がでない。。。仕事や人間関係の現状に不満や問題があるわけでもないし、何故だろう?
  • 実は、どうにかしてモチベーションを維持できないものかと、日々悩んでいる。
  • 全然やる気が出ない・・・。原因がわからなくて悩みが深い気がする。
  • 目標の達成まで、あと少しなのに息切れしたように力が出なくなることが多い。気合が足りないのかな。。。

モチベーションついて悩んでいる方の状況はこんな感じでしょうか。

ちなみに

『気合が足りないのかな。。。でも、気合で乗り切るというのは何かおかしい気がする。』

と感じているあなたは、おそらく本質的なことに気づき、そこへアプローチしようとしているのかも知れません。

こういった直感的な感覚は、コーチング理論を学ぶにあたって良いセンス・感性を持っていると個人的に私は感じます♪

コーチング理論を学び実践していくとモチベーションという言葉を使う必要がなくなる

コーチング理論では、居心地が良いと感じる状態をコンフォートゾーンといいます。

そして、このコンフォートゾーンから外れた状況に陥ると生命の危機であると無意識が感じとり、無意識が天才的に活動して大急ぎで元の状態へと戻してくれます。

具体的な事例として、

ダイエットで急激に体重を落とした時などによく見られます。

リバウンドというやつです。

夜中に随分前に書い置いていたカップラーメンの存在に天才的に気づき、意識では

『こんな夜中に食べちゃダメ』

とわかっているのに結局、食べちゃう。

そして翌日以降にも大抵は天才的に理由をこしらえて積極的に体重を増やす(元に戻す)方向で進んでしまいますよね(笑)

『昨日、夜中にカップラーメンを食べてちゃってマズイなぁと思っているけれど、今日は部長の送別会だから沢山食べて飲んで楽しまないと失礼だからしょうがない。』

こういった経験は誰でもあるのではないでしょうか(笑)

このように無意識が大急ぎで元の状態(コンフォートゾーン)へと戻してくれている時、あなたの意識にはモチベーションという言葉は登場しません。

無意識こそ天才的

コーチングでは、この無意識の天才的な働きを逆方向に向かう(人生を望む方向に変化させる)ように
積極的に顕在意識で無意識が働く方向性をコントロールするということ実践していきます。

つまりは、無意識を使いこなす。ということ。

それができたら物凄いことになりそうではないですか?

(一般的に天才と言われる方は、この無意識の働きを活用する方法を経験的に体得し人生を突き進んでいます。)

あなたが設定したゴール側へと大急ぎで戻るよう無意識が天才的に働いてくれるのです。

その状況下で(無意識レベルでは大急ぎで元に戻っている感覚のため)あなた自身は『モチベーションが高いな。今。』なんてことは感じ無いのです。(他者から見たら『なんで、いつもそんなにモチベーションが高いの?』と不思議がられることはあるかもしれません。)

あなたが定めたゴール側こそが現状だと無意識に認識してもらう。そして、ゴール側へと大急ぎで元に戻るかのように無意識に天才的に活動してもらうことで努力感なく移行していく。

無意識を使いこなす方法。

それは無意識にゴール側を現状(本来あるべき姿)だと認識してもらうように意識的に働きかけることです。

最先端の脳科学・認知科学に基づいたコーチング理論では設定したゴールと現状のギャップが行動のエネルギーとなるということに着目しています。(この行動のエネルギーが一般的にモチベーションとして表現されるものです。)

そして、この行動のエネルギーを得るために以下のこと留意していく必要があります。

【1】ゴールについては厳しい制約があり、【現状の外側のゴール】でないと変化のためのエネルギーは得られません。

【2】【現状の外側のゴール】側からみたコンフォートゾーン(ここでは未来側での居心地が良い状態)を無意識レベルまで認識できるほど臨場感が高まった時に初めてゴールの設定ができています。

【3】更に設定した【現状の外側のゴール】側への移行(大急ぎで元に戻る感覚)は実際に【現状の外側】へ一歩踏み出さないと発動しません。(ゴール側の臨場感が高まった結果、居ても立ってもいられなくなって現状の外側へと<実現方法がわからないながらも>勝手に一歩踏み出してしまうほどの状態に持ち込めて初めて[ゴール【設定】できた]としている他の苫米地式認定コーチも多いかもしれません。)

それぞれを具体的に掘り下げると物凄く長くなるので、今回は省略させていただきます。

少しふわっとした理論のお話が続きましたね。

具体的に【現状の外側のゴール】設定と【現状の外側】へ一歩踏み出す雰囲気がどういったものかを知りたい方は私の経験を記した以下の記事を読んでみてください。

ゴールを達成する前に、更に先のゴールを設定することでエネルギーが枯渇することを防ぐ

実際にゴール側へと無意識が天才的に活動してくれている時は物事がびっくりするほどスムーズに進みます。

『世の中の全ては、もしかして自分のために動いてくれている!?』

と感じてしまうくらいに。

でも実は落とし穴があって、ゴールへの道半ばで急にエネルギーが出なくなります。

というのも、無意識がゴールへのアプローチ方法を明確に発見した後はゴール側の世界のコンフォートゾーンに入ったと脳が認識し、手抜きを始めるからです。これは頭が良い人ほど顕著です。

これが冒頭で紹介した

『目標の達成まで、あと少しなのに息切れしたように力が出なくなることが多い。気合が足りないのかな。。。』

という状態です。

感覚的な数値ですがゴールへの道のりの50%も達成してくるとエネルギーがでなくなって、『最近、モチベーション上がらない』という言葉が頭をよぎるようになります。(頭が良い人は10%〜30%ほどゴールへの道のりを達成してくるとこの現象が起こるかもしれません。)

モチベーションを話題に上げるということはゴール設定がしっかりとできていない証

輪ゴムを伸ばしたときの感覚を説明イメージとして使います。

ゴムを伸ばせば伸ばすほど、元に戻る力は強くなります。
が、伸びたゴムが縮んでいき伸ばした長さの半分も縮むとゴムが元に戻る力は1/2ではなくもっともっと弱くなっています。

こういった感じのことが実際にゴールへ近づいていく際にも起こるのです。

そこでエネルギー不足が起きないよう先へ先へとゴールを再設定していくわけです。

するとずっとエネルギーが発揮されるので、『最近、モチベーションが上がらない』なんて言葉は出てきません。モチベーションという言葉の必要さえない状態になってます。

結局、モチベーションという言葉が意識に上がってくる状態というのはゴール設定がしっかりできていないだけだったのです。(ゴールは常に現状の外側である必要があります。ゴールへ近づいたために、その時点での現状の内側へとゴールの相対的なポジションが変化してしまっているということです。)

そういった場合は、慌ててゴールを(再)設定してください。

そうすることでエネルギーがまた発揮されるようになります。

まとめ

  • コーチング理論を学び実践していくとモチベーションという言葉を使う必要がなくなる
  • 無意識こそが天才的であり、我々は意識的に無意識が働く方向性をコントロールすることで人生を変化させることができる
  • あなたが定めた【現状の外側のゴール】側こそが現状だと無意識に認識してもらう。そして、ゴール側へと大急ぎで元に戻るかのように無意識に天才的に活動してもらうことで努力感なく移行していく
  • ゴールへと50%程度近づくと脳が手抜きを始めてエネルギーがほとんどでなくなる
  • ゴールを先へ先へ飛ばしながら進んでいくことでエネルギーを継続的に発揮できる
  • モチベーションという言葉がよぎった時は、慌ててゴールを現状の外側へと再設定すべし

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

もしかしたら、、、

あなたが【現状の外側のゴール】の設定ができて実際に【現状の外側】へと一歩踏み出したから、ここまで記事を読むことができたのかもしれません。可能性としては『モチベーションについての悩みを解決する』という達成方法が全くわからなかったゴール。そして、『実行した方が良いと意識している他の事があるけれど、躊躇しながらもネットで検索』という行為が【現状の外側】へと一歩踏み出す行為だった。

のかもしれません。

もしくは、、、

もともと『モチベーションが下がっている状況なんて耐えられないっ』という高いエフィカシー(高い自己評価)のもと、サクサクとやるべきことをこなしている状態に臨場感を保持していたあなたが偶発的に行動エネルギーを維持できないような状況(モチベーションが低いとされる状況)に陥って、それがコンフォートゾーンの外だったので元に戻す力が働いた。

のかもしれません。

どちらにせよ、あなたの無意識が天才的に活動し、この記事をここまで読むことができたわけです。
(この記事を読むためのモチベーションなんて言葉は意識のなかに存在しなかったかと)

ラッキーな事にコーチング理論を学ぶ際に大事なポイントになることを今まさに体感・体験してしまいましたね^^
——————-
10日間でコーチングの基礎を無料で学べる『【メルマガ】フラクタルコーチング入門講座 』の登録は↓のバナーからどうぞ♪
mm_660_130-02メルマガ登録特典として『苫米地式コーチング』のコアな部分を一気に学べるコーチング入門概要テキストをプレゼントしております♪
——————-

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

関連記事

  1. コーチングで変わった今までの習慣(苫米地英人博士のパーソナルコー…
  2. 今日は渋谷でパーソナルコーチングセッション
  3. 【2016年版】コーチング本おすすめ8選(プロコーチ厳選)
  4. コーチングにタイプ分けは必要?

注目記事

【遠隔気功ヒーリング】全身が透明で溶けててなくなった

半年間のパーソナルコーチングセッションを受講いただいているクライアントより遠隔気功ヒーリングのフィー…

人気記事

【動画】エフィカシーを高めるセルフトークマネジメント[セルフコーチングの最大のコツ](約6分)

苫米地式コーチング無料動画:エフィカシーを高めるセルフトークマネジメント(約6分)最先端の認…

【動画】現状の外側のゴール設定を少し掘り下げて解説(約3分)

苫米地式コーチング無料動画:現状の外側のゴール設定を少し掘り下げて解説(約3分)最先端の…

【2016年版】コーチング本おすすめ8選(プロコーチ厳選)

コーチングに興味が出てきたので本を読んで更に学びを深めたい。そんな時にコーチング本を探したり、何…

Coach Profile

苫米地式コーチング認定コーチ阿部太助
Fractal Coaching代表
阿部太助

苫米地式コーチング 認定コーチ

マインドの使い方を無意識レベルまで徹底レクチャーし、あなたをワクワクした状態で現状の外側へ移行させます。未来志向へ変化した豊かな人生を共に歩んで行きましょう。

プロフィール詳細はこちら

6分で理解できるコーチングのカラクリ

<<実はシンプル♪>>認知科学に基づいた脳のカラクリの説明および、コーチングでは、その脳のカラクリを逆手に取ることで努力感なく人生を一気に変革できることを理解できる動画。

なぜコーチングが効果があるのか?解ってしまえばかなりシンプル。脳のカラクリを逆手に取っているのです。同時に今までの人生で変化が起こせなかった訳も理解できるように説明しています。(約6分)

新着記事

ピックアップ記事

【コーチングサミット2016 講演動画】即効性のあるビジュアライゼーション(約52分)

コーチングサミット2016 阿部太助 講演動画コーチングサミット2016 【阿部太助】即効性のあ…

お知らせ

PAGE TOP